診療案内

整形外科は、四肢・体幹の運動器、感覚器の障害を治療する診療科で、手や足だけでなく脊椎や骨盤を含む広い範囲の、骨・関節・筋肉・腱・血管・神経・皮膚などの外傷・障害や疾病を扱います。具体的には、骨折・脱臼や靭帯損傷などの外傷やスポーツ外傷・障害、変形性膝関節症・変形性股関節症・関節リウマチ、肩腱板損傷などの関節疾患、椎間板ヘルニア・頚髄症・腰部脊柱管狭窄症などの脊椎・脊髄疾患、手根管症候群・肘部管症候群・腱鞘炎など手の障害、四肢の先天異常、骨・軟部腫瘍など多岐にわたります。これら運動器の障害はいずれも、人が立って、歩いて、手を使って過ごす日常生活の質を低下させるものであり、また高齢者では生命予後に影響を与える場合もあります。
治療は各分野の専門的な知識・技術を持った医師を中心に、患者さんの要望や社会的背景を考慮した上で最も適した医療(運動療法や薬物療法などの保存治療や手術療法など)を提供し、運動機能の維持・改善ならびに早期社会復帰を目指します。
重症外傷は四肢骨盤外傷センターで、救命救急センターや麻酔科、集中治療室などと綿密な連携を図って迅速に対応します。
日本整形外科学会の研修施設として認定されています。年間の手術件数は約1,500件です。

受診方法

専門分野(手の外科、重症外傷、リウマチ・関節外科、脊椎外科、足の外科、小児整形外科)の診察は予約制で実施しております。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

主な疾患と治療法
一般外傷

四肢骨盤外傷センターが設立され、四肢、骨盤、脊椎のすべての外傷への対応がより充実いたしました。けがをされた患者さんの早期治療を心がけ、機能回復や社会復帰が早められるように努めております。また、できるだけ短い皮膚切開で手術を行う、抜糸が必要ないように創を閉じる、体内で分解吸収される材料で治療するなど患者さんの負担を減らす工夫もしております。近年増加している高齢者の骨折では、手術が必要な場合には、内科、麻酔科と連携を取りながら、できるだけ早く手術を行い、早期離床による合併症の予防、早期家庭復帰を目指しています。

手の外科・マイクロサージャリー

手や指は、狭い範囲の中に骨・関節・筋・腱・血管・神経など多くの組織が複雑に存在する運動器官でありまた感覚器官でもあります。そのため外傷や疾病により障害された手指の機能を回復させる治療には、高度に専門な知識と技術が必要とされます。
直径0.5~2mm程度の細い血管や神経の手術は、肉眼では困難ですが、手術用顕微鏡を使用して非常に繊細な操作(マイクロサージャリー)を行います。この技術を用いて傷ついた血管や神経を修復するだけでなく、手指切断などのように体から一度離れてしまった部分を元に戻す再接着手術も実施しています。指先に近い部分では血管が細く技術的に難しい手術ですが、患者さんの要望があれば可能な限り再接着手術を実施します。その他には、指尖損傷(爪の損傷)、手指の骨折、橈骨遠位端骨折、手根管症候群、肘部管症候群、ばね指、腱鞘炎、腱損傷、手足の先天異常、手指の骨・軟部腫瘍などを中心に診療しています。
内軟骨腫など手指の良性骨腫瘍や、薬物療法で改善しない関節リウマチによる手指関節の滑膜炎に対しては直径1.5mmの内視鏡を使用した最小侵襲手術を開発して良好な成績を上げています。日本手外科学会の手外科専門医制度認定研修施設に指定されています。

リウマチ、関節外科

近年、関節リウマチの治療は著しく進歩しています。当院では新しい治療薬である生物学的製剤(抗TNF抗体など)を含む新しい抗リウマチ薬の使用も可能です。投薬治療から手術治療までトータルにリウマチ治療を行っています。
進行した変形性関節症や関節リウマチには股関節、膝関節に対し人工関節手術を行っています。疼痛がなくなり杖もなく歩けるようになる方も多く、患者さんには満足度の高い手術です。人工関節は耐久年数の問題もあります。変形性股関節症で年齢の若い方には骨切り手術、変形性膝関節症で比較的変形の少ない方ではO脚を矯正する骨切り手術もおこなっています。
膝半月板損傷や前十字靱帯損傷を中心に、関節鏡手術にも力を入れています。

脊椎外科

脊椎疾患に対しては各種画像診断(MRI、CT、脊椎造影など)で責任病巣を確定し、どのような治療法があるのかを十分に説明した上で治療法を決めています。治療成績の安定した最適と思われる方法を選択し、また、患者さんに負担の少ない顕微鏡を使用した小切開手術も積極的に取り入れています。主に頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの手術治療を行っています。腰痛・下肢痛に対しては、神経根ブロック、椎間関節ブロック、硬膜外ブロックなどの治療も行っています。

足の外科

近年、健康を維持するには歩行が大切だという考えが広まっています。当院では以下のような歩行障害の原因になる疾患に対して、手術治療、保存治療(手術以外の投薬、装具治療、理学療法)を行っています。
骨折、腱損傷、靭帯損傷、外傷後の変形性関節症や足部変形など外傷に関連した疾患。外反母趾、強剛母趾、内反小趾、ハンマー趾、扁平足、モルトン病、足底腱膜炎、後脛骨筋腱機能不全、変形性関節症、爪下外骨腫など加齢、スポーツなどに関連した疾患。関節リウマチに伴う下肢・足趾変形。足根骨癒合症、骨端症、中足骨短縮症など成長に関連して発症する疾患。その他に下肢のアライメント障害や足趾、足部、足関節の変形や有痛性疾患。

診療実績

整形外科 手術件数 平成25年度 平成26年度 平成27年度
【手の外科】 429 451 527
骨折・脱臼・靱帯損傷など 165 180 220
腱損傷 17 25 21
末梢神経障害 55 31 56
炎症性疾患 35 61 70
腫瘍および類似疾患 5 10 20
マイクロサージャリー 16 28 34
先天異常 7 2 2
その他 129 114 104
【リウマチ・関節外科】 165 199 216
人工股関節置換術 43 54 51
人工膝関節置換術 49 44 53
人工骨頭置換術 4 0 1
関節鏡下手術 56 78 93
関節形成術 13 23 18
【脊椎外科】 117 130 134
頚椎疾患 36 38 41
腰椎椎間板ヘルニア 33 15 12
腰部脊柱管狭窄症 34 53 58
脊髄腫瘍 2 5 2
その他 12 19 21
【足の外科】 12 17 20
外反母趾 3 6 4
その他 9 11 16
【一般外傷】 532 550 572
上肢骨折など(前腕・手を除く) 89 100 99
骨盤骨折 13 7 16
下肢骨折など(大腿骨近位部骨折を除く) 136 149 170
大腿骨頚部骨折(骨接合術) 26 32 22
大腿骨頚部骨折(人工骨頭置換術) 66 69 58
大腿骨転子部骨折 104 115 108
その他 98 78 99
【骨軟部腫瘍】 23 14 16
良性軟部腫瘍 19 8 11
良性骨腫瘍 4 2 5
悪性骨軟部腫瘍 0 4 0
【その他】 41 44 46
合計 1,319 1,405 1,531

スタッフ紹介

関谷 勇人

せきや いさと

副院長兼
地域連携部長兼
整形外科代表部長

  1. 手の外科
    マイクロサージャリー
  1. 日本整形外科学会 専門医
    日本手外科学会 専門医
    日本リハビリテーション医学会 認定
    臨床医
    臨床研修指導医

高田 直也

たかだ なおや

四肢骨盤外傷センター長兼
外傷整形外科部長

  1. 外傷・骨折治療
  1. 日本整形外科学会 専門医
    日本整形外科学会 スポーツ医
    日本リハビリテーション医学会 認定
    臨床医
    日本骨折治療学会 評議員
    臨床研修指導医

向藤原 由花

むこうふじわら ゆか

リハビリテーション科代表部長兼
リウマチ関節外科部長

  1. リウマチ
    関節外科
  1. 日本整形外科学会 専門医
    日本リウマチ学会 専門医
    臨床研修指導医

林 義一

はやし よしかず

脊椎外科部長

  1. 脊椎外科
  1. 日本整形外科学会 専門医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科
    指導医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    臨床研修指導医

柴田 芳宏

しばた よしひろ

リウマチ関節足の外科部長

  1. リウマチ
    人工関節
    足の外科
  1. 日本整形外科学会 専門医
    日本整形外科学会 認定リウマチ医
    日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
    臨床研修指導医

勝田 康裕

かつだ やすひろ

手の外科部長

  1. 一般外傷
    手の外科
    小児整形外科
  1. 日本整形外科学会 専門医
    臨床研修指導医

藤原 一吉

ふじはら かずよし

脊椎外科第二部長

  1. 脊椎外科
  1. 日本整形外科学会 専門医
    臨床研修指導医

藤浪 慎吾

ふじなみ しんご

整形外科医長

  1. 整形外科一般
    手の外科
  1. 日本整形外科学会専門医

遠藤 伸一郎

えんどう しんいちろう

医員

  1. 整形外科一般

井村 直哉

いむら なおや

医員

  1. 整形外科一般

宇佐美 琢也

うさみ たくや

医員

  1. 整形外科一般

花木 俊太

はなき しゅんた

医員

  1. 整形外科一般

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ