診療案内

日本では癌にかかる患者数も癌による死亡数も増加し続けています。人口の高齢化が主な要因と考えられ、今後も患者数は増加すると考えられます。癌に対する治療は、手術、放射線治療、抗がん剤治療などがあります。腫瘍内科では各診療科と連携して主に抗がん剤治療を管理しています。食道がん、胃がん、大腸がん、膵がん、胆道がん、原発不明がん、軟部肉腫などの治療も行っています。癌の治療は年々進歩しており、効果が高く副作用が少ない抗がん剤が開発されています。最近では免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬)が話題となっています。新しい薬剤や治療法を積極的に取り入れて、癌に対する治療の充実を図ることが重要だと考えています。また、新しい治療法の開発のために、臨床試験にも参加しています。

抗がん剤の副作用を抑える新しい薬剤も開発されています。このおかげで抗がん剤治療は以前に比べると楽な治療になりました。患者さんによっては、入院することなく、外来通院で抗がん剤治療を続けることができるようになりました。しかし、副作用が軽くなったといっても、癌の治療を長く続けることは患者さんにとってつらいことです。私たちはできるだけ多くの患者さんが自宅で過ごしながら、抗がん剤治療を続けられるようにサポートしてゆきたいと考えています。そのために、医師、看護師、薬剤師、緩和ケアチーム、栄養士が連携して、安全で苦痛が少ない抗がん剤治療を提供できるように努力してゆきたいと考えています。

通院治療センター実績

外来担当医はこちら

スタッフ紹介

宇都宮 節夫

うつのみや せつお

通院治療センター長
兼腫瘍内科代表部長

  1. 日本内科学会 認定内科医
    日本消化器病学会 専門医
    日本消化器内視鏡学会 専門医
    がん治療認定医
    臨床研修指導医
  1. 日本内科学会
    日本消化器病学会

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ