診療案内

総合内科とはどんな科ですか?

医療の進歩に伴って、海南病院も規模を拡大してきました。その結果、患者さんがどの科にかかったらいいのか分かりにくくなりました。このような場合、海南病院には窓口としての総合内科があります。毎週木曜日に初診外来を開いています。最初に診察をして各科の専門医師に振り分けたり、そのまま総合内科が担当したりします。病状が落ち着けば、地域の診療所の先生方に紹介し、診療をお願いしています。

受診方法
外来診察について

総合内科には診断の目的でご紹介いただくことが多いため、丁寧に診察することを心がけています。診察時間が長くなってしまうため、外来での診察待ち時間がどうしても長くなり、ご迷惑をおかけすることがありますが、あしからずご了承ください。もしかかりつけの医院がある場合や、もしくはあらかじめ受診している医院がありましたら、そちらからの紹介状を必ずお持ちください。前医からの詳しい紹介状があれば、診療上大変参考になります。経過が長い場合、経過のメモ書きを持参していただいたり、お薬手帳などをお持ちいただくと診察がスムーズにいきます。健康診断や人間ドックのデータなども、いつから異常が始まったかを判断でき、大変有用です。 

毎週木曜日 担当医師:笹木

対象疾患・治療について

主な疾患と治療法

各科専門医師・各部門専門職と連携して協力を得つつ、最善の医療を提供しようと努力しています。現在常勤医が不在のため、外来診療のみとなりますが、主として以下のような患者さんを主に総合内科が担当しています。

  • 診断未確定な患者さん(発熱、意識障害、検査値異常など)
  • 感染症
  • 複数臓器の問題点をもつ患者さん

患者さんへ

もしかかりつけの医院がある場合や、もしくはあらかじめ受診している医院がありましたら、そちらからの紹介状を必ずお持ちください。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ