『海南SUN-senネット』のご案内

『海南SUN-senネット』とは

「海南SUN-senネット」とは、患者さんが受診される医療施設の医師が、インターネット回線を用いて海南病院の医療情報を閲覧できるシステムです。
このシステムは、株式会社エスイーシーが運用管理している「ID-Link」というサービスを利用しており、通信経路は暗号化されていますので安心です。
医療施設の医師が閲覧できる医療情報は、薬の情報・注射の情報・血液検査結果・レントゲン画像などです。

目的は?

受診先の医療施設の医師が、当院での患者さんの医療情報を把握することにより、当院と医療施設の間でつなぎ目のない一貫した診療を受けることができます。

患者さんのメリットは?

受診先医療施設で当院の医療情報を閲覧できるので、薬や検査の無駄を防ぐことになり、医療費負担の軽減、診療時間の短縮に繋がります。
ただし、医療情報を閲覧した上で、受診先の医療施設の医師が必要と判断された場合には、重複した検査が行われることがあります。

参加するための費用は?

このシステムの利用について、患者さんの費用負担は一切ありません。

患者さん側に必要な手続きは?

同意される場合は特に何もありません。当院と受診先医療施設で手続きをおこないます。
また、受診先の医療施設への情報提供を希望しない場合には、「医療情報連携不同意届」を提出して下さい。速やかに情報提供を停止します。

どこの病院(医院)でも良いの?

当院と「海南SUN-senネット」の契約をしている医療施設が対象です。受診先の医療機関すべてが、このシステムを利用しているわけではありません。

安全なの?

以下のセキュリティ対策を行っていますので、ご安心ください

  • 暗号化
    個人情報は暗号化されていますので、回線上から個人情報取得をするのは原理上不可能です。
  • 端末の特定
    医療情報を閲覧するための端末は認証されており、特定の端末以外はネットワークに接続できないようになっています。
  • 情報閲覧の記憶
    ネットワークにアクセスした端末の操作は全て記録がとられており、いつ、だれが、どこで、どの情報を見たか確認できるようになっています。
  • 医療従事者の責務
    医療従事者は法律上、守秘義務(患者さんの情報等を漏洩してはならない)を科せられています。
最後に

「海南SUN-senネット」での医療情報閲覧は、包括的同意とさせていただいています。
情報閲覧を希望されない場合は、「医療情報連携不同意届」の提出をお願いいたします。


※ID-Linkは、登録されている患者さんの中から個人を特定するために名寄せを行っています。
名寄せにより得られる情報は全国のID-Linkを活用している医療施設で共同利用しています。
http://jpn.nec.com/medsq/solution/id-link/images/nayosekyoudouriyou.pdf

〒498-8502愛知県弥富市前ヶ須町南本田396
JA愛知厚生連 海南病院 地域医療連携センター
TEL:0567-65-2511   FAX:0567-67-2975
受付:月~金(祝日を除く)8:30~17:00

ネットワークを活用した診療情報の共有について

『海南SUN-senネット』の運用開始について

海南病院では、患者さん中心の良質な医療を提供するために、個人情報の保護については細心の注意を払いながら、かかりつけ医との緊密な連携を図っています。

これまでも、当院での個人情報利用目的(院外への情報提供としての利用)に規定し、書面やCD-ROM等の電子媒体により、紹介患者さんの診療情報の提供を行なってきました。
この度、より良い医療提供を目的に、平成26年10月より、安全性の高いネットワークを活用した、地域の医療機関との診療情報共有システム 『海南SUN-senネット』 の運用を開始いたします。
安全で安心な、地域完結型医療提供に対し、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 診療情報の提供について同意できない場合は、医師または最寄りの受付にお申し出ください。
  • お申し出がない場合には同意していただいたものとして取り扱わせていただきます。
  • お申し出については、いつでも撤回・変更等が可能です。

JA愛知厚生連 海南病院

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ