当院は地域医療支援病院です

地域医療支援病院とは

地域医療支援病院とは、地域の中核病院としてかかりつけ医・かかりつけ歯科医を支援するとともに、地域の医療機関と相互に連携・協力しながら切れ目のない医療を提供する「地域完結型医療」の中心的役割を担う病院として、都道府県知事の承認と受けた病院です。当院は、平成29年9月22日に愛知県知事の承認を受けました。
地域医療支援病院としての役割をしっかりと果たすことにより、地域全体の医療の質を向上させ、地域の皆様によりよい医療を提供してまいりたいと考えております。

地域医療支援病院の役割

地域医療支援病院の主な役割を紹介いたします。

紹介患者に対する医療の提供

地域の診療所・クリニックなどのかかりつけ医から紹介いただいた患者さんに対し、高度な検査、入院・手術などの専門的な治療を行います。病状が安定したあとはかかりつけ医での診療を続けていただけるよう診療所・クリニックに紹介いたします。
当院は、地域の医療機関と役割を分担しながら、当院でしか行うことができない医療を提供し、病気の早期発見や総合的なケア・健康相談などは、診療所・クリニックにおまかせする2人主治医制を提案しております。

JA愛知厚生連 海南病院

医療機器、その他設備などの共同利用

保有する大型医療機器、共同利用病床、図書館や会議室等を、地域の医療機関が利用することができます。
当院では、かかりつけ医の診療を支援するため、CT、MRIなどの医療機器の共同利用を行っております。事前にかかりつけ医から予約をお受けし、患者さんに検査を受けていただいたあと、検査結果をお返ししております。また、かかりつけ医から紹介いただいた患者さんを受け入れる共同利用病床を用意するとともに、紹介患者さんの電子カルテを参照できる仕組みをもうけ、入院中でもかかりつけ医が紹介患者さんの状態を把握できるようにしております。

救急医療の提供

入院治療を必要とする重症救急の患者さんに対し、24時間体制で必要な検査、治療を行います。
当院は、救命救急センターとして、重症救急の患者さんの検査、治療に必要な診察室・処置室・検査室・救急病棟などの施設・設備を整えております。また受け入れに必要な医師、看護師、その他の医療従事者を配置し、24時間受け入れ可能な体制を整えております。

地域の医療従事者の対する研修会の実施

地域の医療機関や介護施設、調剤薬局などの医師、歯科医師、薬剤師、看護師、その他の医療従事者に対する研修を行います。
当院では、研修目標・研修計画・研修指導体制など、研修を行うのに必要なことを定めた研修プログラムをつくり、地域の医療従事者をはば広く対象とした研修会を毎月開催しております。研修会を通じて参加していただいた方の知識・技術が高まり、地域全体の医療の質の向上につながればと考えております。

初診の方は、紹介状をご持参ください

国の医療政策(病院と診療所・クリニックの機能分担と連携促進)により400床以上の地域医療支援病院では、初診時に選定療養費を5,000円(税込5,500円)以上徴収することが義務化されております。
日頃の健康管理は「かかりつけ医」に診ていただき、入院や専門的な医療、精密検査が必要になったときは、紹介状を書いていただいた上で受診してください。
初診時に紹介状をお持ちいただくと、選定療養費5,000円(税込5,500円)が不要となります。

初診とは
  • 当院を初めて受診される方
  • 以前に当院を受診され病気が治癒もしくは治療が終了(中断)しその後受診された方

紹介予約受付のご案内

「かかりつけ医」からの紹介状をお持ちで予約がある患者さんは、 紹介予約受付までお越しください。 優先的にブロック受付へご案内いたします。

◇受付の流れ
①番号札をお取りいただきお待ちください。順番にお呼びします。
※受付は午前8時から開始いたします。
②番号を呼ばれましたら、紹介状・保険証・予約票をご提示ください。

◎下記の方は中央受付1または放射線受付 2 の受付となります。

  • 紹介状をお持ちで予約がない方 →1中央受付
  • 放射線科検査用の紹介状のみお持ちの方 →放射線受付2

※放射線科検査用の紹介状と診察用の紹介状をお持ちの方は紹介予約受付へお越しください。

JA愛知厚生連 海南病院

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ