創立80周年記念プロジェクト

このたび当院は、1938年に設立して以来、おかげさまで創立80周年を迎えることとなりました。
当院は、昭和13年8月24日病床数20床でスタートし、伊勢湾台風や幾多の荒波を乗り越え、今日を迎えることができました。
これまで支えてくださった地域の皆さま、関係者のみなさまに、改めて深く感謝申し上げます。

海南病院の沿革

創成期

昭和13年8月24日 
病床数20床でスタート。

昭和34年9月26日 
伊勢湾台風到来。船で巡回診療に出向いた。

第2期

昭和36年7月9日 
伊勢湾台風により未曾有の被害を受けたが、ようやく新病院として再建し、竣工を迎えた。
病床数245床(一般156床、結核74床、伝染15床)

昭和45年9月 
増床 病床数350床(一般293床、結核42床、伝染15床)

昭和50年7月 
増床 一般を393床に拡大

第3期

平成15年2月 
増改築施設整備 AB病棟419床を竣工

平成15年8月 
回復期リハビリ病床、緩和ケア病棟を持つ。病床数497床(一般497床)

平成15年11月 
感染病床(6床)を整備

平成16年4月 
増床 病床数553床(一般547床、感染6床)

病床数の再編

※平成24年7月 
回復期リハビリ(60床)を廃止し、一般病床へ

※平成27年7月 
一般病床13床を返還。病床数540床(一般534床、感染6床)へ

現在の海南病院

平成28年12月1日 
コンパクト・高機能・次世代の新病院を、現地建て替えにより完工。

現在の海南病院は、各種指定の地域の高度基幹病院となりました 。

  • 地域周産期母子医療センター
  • 救命救急センター
  • 地域中核災害拠点病院
  • 地域がん診療連携拠点病院 更新
  • 地域医療支援病院

オープンホスピタルの開催

創立80周年を記念して7/21(土)13時より
オープンホスピタル(入場無料)を開催します。
ぜひ新しくなった病院へお越しください。

※マルシェは12時よりオープンします。事前申し込みが必要なイベントもありますので、詳細はチラシをご参照いただき、お早めにお申し込みください。

※『スペシャルイベント』、『医師体験』、『病院で働く人み~つけ隊』、『院内探検ツアー』は事前予約となりますので、チラシ裏面のQRコードを読み取っていただき、メール送信画面よりお申し込みください(6月末締切り)。
スペシャルイベントは、はがきでも承っております。
氏名、住所、電話番号、参加人数をご明示の上ご郵送ください。(お一人様2名まで)

事前予約のイベントは応募多数の場合、抽選となりますのでご了承ください。(『病院で働く人み~つけ隊』、『院内探検ツアー』は定員に達しましたので、抽選となります。H30.6.20時点)
結果につきましては、7月7日迄に申し込みいただいた皆様にご連絡いたします。

医師体験のご紹介
A.胃カメラ操作体験(する方です)

模型を使って口からスコープを挿入し、胃の中のポリープを見つける体験です。

B.糸結びと顕微鏡を使った体験

手術の基本である「糸結び」を医師が詳しくレクチャーします。
また、実際に医療の現場で使用する顕微鏡を覗きながら、お米に文字や絵を書いてみましょう。

C.救命体験

シミュレーター人形を使って心肺蘇生を行います。
医師やメディカルスタッフが優しく教えます。

弥富チャリティマラソンへの参画

11月18日(日)に開催される第5回弥富チャリティマラソン(小児がん克服支援活動協賛 主催弥富ライオンズクラブ)において、当院は毎年ドクターカーおよび救護班を待機し大会運営の支援をしていますが、今年は80周年特別企画として病院による医療に関する情報コーナーの設置、およびメディカルランナー(医師1名・看護師3名)が出走予定です。

アイリンブループロジェクト

昨年、海南病院主催の地域防災フォーラムをきっかけに、弥富市ではアイリンブループロジェクトの「奇跡の花(フランス菊)」の苗が、弥富市および各学校児童・学生により市内の全小中学校および高校、保育園の花壇へ植えられました。

アイリンブループロジェクトとは、東日本大震災で起きたことを教訓として、東日本の心の復興、全国の防災・減災のため、命を繋ぐプロジェクトです。

奇跡の花「あいりちゃん®」は、全国各地の里親で作り育て、現在整備が進められている石巻市の復興祈念公園に毎年送られ、2020年には200~300㎡の場所に5万輪以上の花が咲き誇る計画が進んでいます。

2018年5月には、この弥富市で育てている「奇跡の花」の代表として病院敷地内の「あいりちゃん」を、募金箱とともに石巻市へ届けました。

患者に寄り添う、心ある医療を目指して

よりいっそう「患者に寄り添う、心ある医療」の向上を目指して、月間目標を定め取り組んでいます。また、最終的に客観的な評価をしてもらうため、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)による第三者評価を受審予定です。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ