診療案内

歯科口腔外科で扱う領域は、

  • 歯と歯を支える顎骨とその周囲組織
  • 顎関節
  • 歯肉をはじめとする口腔粘膜
  • 唾液腺

で、これらに関する病気の診断、治療を行っています。当科の特徴としては、歯や骨といった硬組織を 中心に扱いますが、境界領域の疾患は、眼科・耳鼻咽喉科・形成外科などの関連各科と協力して、それぞれの患者さんに最適な治療ができるよう努めております。
一般的歯科治療(虫歯の治療、歯周病治療、入れ歯の作成など)につきましては、基礎疾患の病状から当院以外での治療が困難な場合を除き、かかりつけ歯科医院や近隣の歯科医院での治療をお願いしております。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

受診方法

口腔外科では外来診察を予約制で行っております。初診の患者さんはかかりつけ医もしくはかかりつけ歯科を通じて事前予約が可能です。受診の際は紹介状を持参ください。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

主な疾患と治療法
埋伏智歯

一般に智歯(親知らず)は、思春期以降に完成します。しかし智歯の生える空間が顎にないと、口腔内に萌出せず埋まった状態(埋 伏歯)のままになります。その際、手前の歯(第2大臼歯)に寄りかかるように傾斜していると、第2大臼歯が圧迫される痛みや、 歯列が乱れてくる原因となります。また智歯の一部だけが粘膜から出てくると、その部分は歯垢がたまりやすいため感染を生じ、智歯周囲炎を起こすことがよくあります。ひどい時には熱が出て、頬が腫れあがることがあります。このような症状があれば抜歯が必 要となりますが、一般開業歯科では抜歯が困難な埋伏智歯を主に当科外来で抜歯しております。通常、智歯を抜歯すると1週間程度は痛みや顔の腫れが続きます。また、希望される患者さんには入院下での一括抜歯や静脈内鎮静下での抜歯も対応しています。

顎関節症

顎関節症とは、顎関節そのものやその周囲に存在する筋肉の疼痛、関節雑音、開口障害を伴う病気です。その原因は外傷、偏咀嚼などの悪習癖、歯列不正などが挙げられます。軽度の症状は、自然軽快することがよくありますが、症状が強い、あるいは、なかなか 改善しない場合は、受診をお勧めします。

歯性感染症

虫歯(齲蝕)や歯槽膿漏(歯周病)は、口腔内の細菌が引き起こす感染症です。治療をしないで放置すると、歯やその周囲のみならず深部の骨や筋肉などの組織へと感染が拡大することがあります。熱が出て、顔面が腫れ、強い痛みを生じます。特に糖尿病やリウマチ疾患などの基礎疾患がある方は、重症化しやすいので注意が必要です。早期の受診と、重症例では入院治療が必要です。

顎顔面外傷

顔面のけがでは、歯が脱臼したり、顎骨が骨折したりすることがあります。条件が良ければ、一度抜けてしまった歯でも再植して元に戻せることがあります。歯を乾燥させないように注意してすぐに受診して下さい。 また、顎骨の骨折は噛み合わせの不具合を生じるため、入院下での手術治療が必要となります。多発性の顎顔面骨骨折については、耳鼻科・形成外科など関連各科と連携して手術を行います。

口腔顎顔面痛

歯や歯周組織の疾患を原因としない口腔顎顔面領域の痛みに対し原因の検索を行い、痛みの緩和を目的とした治療を行います。

歯根裹胞

虫歯を⾧く放置したため、あるいは以前治療を受けたものの調子が悪くなり歯根の先端に膿のたまった袋ができる病気です。時々、 歯茎(歯肉)がはれる、膿がでる、ものをかむと痛むなどの症状があります。まずは、かかりつけの歯科医とご相談して下さい。手 術が必要と判断されれば、当科では摘出術を行っております。

口腔粘膜疾患

アフタ性口内炎は、よく見かける口内炎ですが、それ以外にも口腔粘膜には色々な疾患があります。口腔粘膜に白い部分がある、口内炎がなかなか治らないなどの症状を自覚した場合は、受診して下さい。

基礎疾患をお持ちの方の侵襲の強い歯科治療など

当院各科や、かかりつけ医との協力の下、必要に応じて侵襲の強い歯科治療を行っております。 なお負担の軽い歯科治療については、かかりつけの歯科で行っていただいております。

入院の目安
区分 入院期間
埋伏智歯一括抜歯 2日間(1泊2日)
顎骨嚢胞摘出 4日間(3泊4日)
顎骨骨折観血的整復術 約2週間

※その他疾患や治療により期間が異なりますので、事前に説明させていただきます。

診療実績

口腔外科 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
外来患者数(延) 7,971 9,550 8,961 13,315
入院患者数(延) 446 752 1,116 782
抜歯手術 892 941 1,097 1,278
下顎関節突起骨折観血的手術 3 0 0 2
上顎骨折観血的手術 1 1 1 0
頬骨骨折観血的整復術 5 0 0 1
下顎骨折観血的手術 7 7 3 7
顎骨腫瘍摘出術 10 2 4 10
頬粘膜腫瘍摘出術 4 1 2 1
骨(軟骨)組織採取術 2 0 0 0
歯根端切除術 - - - 10
腐骨除去術 4 0 8 3
口唇腫瘍摘出術 11 7 17 18
舌腫瘍摘出術(その他のもの) 3 0 3 9
唾石摘出術(一連につき) 0 3 3 3
舌悪性腫瘍手術 - - - 4
下顎悪性腫瘍手術 - - - 1
周術期口腔機能管理計画策定料 - - - 580
周術期口腔機能管理料 241 352 438 2092
周術期専門的口腔衛生処置 57 84 69 931

患者さんへ

治療中の疾患や内服中の薬剤の情報は、口腔外科の治療を決定する際に必要な情報です。受診の際にはお薬手帳やかかりつけ医院の診察券をご持参ください。

抜歯の依頼で受診された場合ですが、初診当日の抜歯は原則行っておりません。 ご了承ください。

スタッフ紹介

西口 浩明

にしぐち ひろあき

歯科口腔外科代表部長

  1. 歯科口腔外科一般
    口腔がん
    顎顔面外傷
    有病者歯科治療
    口腔顔面痛
  1. 日本口腔外科学会 専門医・指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
    日本口腔顔面痛学会指導医
    歯科医師卒後臨床研修指導医

佐々木 静花

ささき しずか

医員

  1. 歯科口腔外科一般
  1. 日本口腔外科学会認定医

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ