理念

私たちは医の倫理をしっかり見据え、質の高い、安全で安心な医療提供をとおして、
地域を守り、地域から信頼される病院を築きます

基本方針

  • 医の倫理をしっかり見据え、和を大切に、心ある医療を実践します
  • 患者さんとの信頼関係を築き、理解・納得いただける患者中心の医療をめざします
  • たゆみない研鑽を重ね、質の高い、公正で安全な医療を提供します
  • 地域の基幹病院としての役割を自覚し、医療・福祉の連携体制を確立します
  • 個人情報を保護しつつ、病院をより理解していただくため情報開示に努めます
  • 高い専門性と豊かな人間性をもつ医療人を育て、活力ある職場環境を醸成します
  • 地域医療を担い守るため、効率的な病院運営に努め、経営の安定を図ります
  • 医療・保健・福祉活動を基盤とし、健全な地域社会の発展に貢献します

患者さんの権利と責務

  • 良質で安全な医療を受ける権利
    患者さんは最新の医学的根拠に基づく良質で安全な医療を平等に受ける権利がある。
  • 医師や医療機関を選択する権利
    患者さんは医師や医療機関を自由に選択し変更することができ、どのような治療段階においても他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利がある。
  • 医療行為を選択し決定する権利
    患者さんは診断に必要な検査や治療を医師の説明の範囲内において選択し決定する権利がある。
    また、患者さんは医学研究や医学教育に参加するかどうかを決定する権利がある。
  • 医療上の情報と説明を受ける権利
    患者さんは自分の医療上の記録を含むあらゆる情報を知るとともに、十分な説明を受ける権利がある。
  • プライバシーが保護される権利
    患者さんは健康状態、症状、診断、治療及び予後など医療上の情報をはじめ、個人の身元を確認できる情報も保護される権利がある。
  • 人間的な尊厳を求める権利
    患者さんは医学知識に基づき苦痛の除去を求める権利がある。また、終末期ケアにおいて、人間的な尊厳を保ち安らかに死を迎える権利がある。
  • 医療への参加と協力の責務
    患者さんはよりよき医療を受けるために、病院のルールを守り、医療従事者との信頼関係を築くための協力をする責務がある。

職業倫理綱領

海南病院は、病院の理念および基本方針に掲げる使命を果たすため、職員が遵守すべき行動の規範を、職業倫理綱領として 以下に定める。

  • 医療を必要とする人に、優しさと温かさをもって接するとともに、最善の医療を提供し、信頼を得るように努めます。
  • 医療従事者として、この職業の尊厳と責任を自覚し、常に知識と技術の習得に努めるとともに、教養を深め、品格を高めるよう心掛けます。
  • 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努めます。
  • 職務上知り得た患者・健診受診者等の個人情報は、在職中、退職後にかかわらず正当な理由なく他に漏らしません。
  • 業務の上で組織の資産・経費を私的に使う公私混同は行いません。また、業務を通じて不正な利益を図ることは行いません。

平成21年1月27日制定

臨床倫理網領

海南病院は、病院の理念および基本方針に基づき、臨床における倫理綱領を以下に定める。

  • 患者さんの権利を尊重し、良質で安全な医療を平等に提供し、医療における説明責任を果たします。
  • 患者個人の宗教や信条、価値観等に配慮した医療を提供し、倫理原則に則って行動します。
  • 患者さんの国籍、宗教、信条、年齢、性別、社会的地位、経済的状況、ライフスタイルなどに関わらず、平等に接します。
  • 医療の安全管理に最大の努力を尽くします。発生した有害事象に対しては関係者の救済を優先するとともに、原因究明を徹底し、再発防止に努めます。
  • 医療行為、医学研究にあたっては、その生命・医療倫理上の課題について院内規程に添って担当委員会の審議を受けます。

平成21年1月27日制定

個人情報保護・カルテの開示についてはこちら

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ