病院紹介

教育病院としての責務

新人医師は医学部を卒業し医師国家試験合格後、臨床研修病院で2年間の臨床研修を行うことが医師法により義務付けられています。
当院は厚生労働省から臨床研修病院の指定を受け、研修医の教育を行っています。
研修医は2年間のうちに複数の診療科で頻度の高い病気や外傷について診断治療を経験し、将来の専攻科にかかわらず必要とされる幅広い領域の臨床能力を習得します。
研修医は医療チームの一員として診療に参加します。

また当院は名古屋大学、名古屋市立大学をはじめ、多くの大学医学部、医療職養成学校の実習病院にも指定され、多くの学生が実習に訪れています。
学生は指導者の監督指導のもと、患者さんの承諾をいただき、公的に許容されている範囲内で医療に参加します。

これらの研修医・実習生は、みなさまや将来世代の健康を担う貴重な人材です。
当院は医療人育成も重要な社会的使命と考えて、教育病院としての責務を果たして参ります。
臨床研修や学生実習につきまして、地域のみなさまのご理解とご協力、ご支援を頂きますよう、宜しくお願いいたします。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ